飲酒や喫煙(タバコ)がED(勃起不全)に与える影響

お酒の飲み過ぎやタバコが健康被害をもたらすことは周知のことですよね。

飲酒や喫煙は健康被害だけではなく、ED(勃起不全)への影響も考えられます。
(勃起障害も健康被害の一種なのかもしれません。)

では、どれくらいの量でEDへのリスクが高まるのか?

現在、飲酒や喫煙している場合はどれくらい量を減らすべきなのか?

詳しく見ていきましょう。

勃起の仕組み

勃起や以下のような、さまざまな外的要因にて起こります。

  • 目から入る刺激
  • 性器や性感帯への刺激
  • 刺激的なシーンの想像

勃起するまでの流れ

  • ①性的な刺激が脳からの信号でペニスに伝わる
  • ②ペニスの動脈が拡張し血液が流れ込む
  • ③チンコを生成する海綿体が流れ込んできた血液を吸い込む
  • ④血液を吸い込んで海綿体が大きく膨らんだ状態

これが正常な勃起です。

EDの場合は

機能障害が起こる

  • ペニスの動脈が正常に広がらず、適切に血液が流れ込まない
  • 性的刺激を伝える神経系にダメージを受けている

このように、血液の流れや神経の働きが正常に機能しません。

実は、飲酒や喫煙のような生活習慣がEDに密接に関係しているのです。

以下のページではED(勃起不全)に効果のある精力剤をご紹介しています。

EDに効く精力剤を今すぐ知りたい方は、参考にしてみてください。

飲酒や喫煙と勃起の関係性

過度な飲酒や喫煙が健康によくないというのは、誰もがご存知のことですよね。

では、勃起にどれくらいの影響を与えるのでしょうか。

EDと飲酒

少量の飲酒は緊張をほぐす効果があるので、勃起にも良い影響を与える場合があります。

適量であればストレス解消にも役立ちますし、本能をつかさどる神経にも働きかけ、勃起しやすくなります。

ただし、適量を超えてしまうとストレス緩和だけではなく、性欲や勃起力まで抑えられてしまうため注意が必要です。

適量といってもアルコール分解度に個人差があるため、明確にこれくらいの量!というのはありません。

一般的に言われている適量はアルコール20gとなり、酒類別の量は以下となります。

ビール(アルコール度数5度)中びん1本(500ml)
日本酒(アルコール度数15度)1合(180ml)
焼酎(アルコール度数25度)0.6合(約110ml)
ワイン(アルコール度数14度)1/4本(約180ml)
缶チューハイ(アルコール度数5度)1.5缶(約520ml)

普段の飲酒量と比較して、飲み過ぎているかな?という場合は控えてみるといいかもしれませんね。

EDと喫煙

タバコは血管を収縮させる効果があり、動脈硬化を促進させるため、勃起にも悪影響を及ぼします。

ただし、タバコがストレス解消になっている場合、タバコを止めることでストレスが溜まりEDが悪化するというケースもあります。

1日1箱以上吸っている人は、いきなり止めるのは難しいと思います。

せめて半箱(10本)に減らしてみましょう。

生活習慣が勃起に与える影響

飲酒や喫煙だけでなく、30代以降になるとさまざまな生活習慣の影響を受けやすくなってきます。

勃起に悪影響を及ぼす原因は一つとは限らず、複数の要因が相まって症状があらわれる場合が多いです。

運動不足も現代人の大きな悩みです。
ウォーキングやランキングもいいですが、手っ取り早くED改善を目指すなら筋トレも効果的です。

筋肉量が増えることで男性ホルモンが増量し、精力もアップします。

当サイトでご紹介したチントレもEDやペニス増大に効果的です。

飲酒や喫煙の量を見直し、可能な範囲で筋トレ(チントレ)を取り入れてみてください。

ED(勃起不全)と飲酒・喫煙まとめ

EDと診断された場合は専門医の指示を仰いで、適切な治療をする必要がありますが、少しでもチンコが反応するのであれば、増大サプリ(精力剤)を使ってみるのもひとつの手です。

増大サプリは薬ではないため、直接EDを治すことはできません。

しかし、ほんの少しでもチンコが反応する場合は「勃起力」が残っています。

増大サプリには、その勃起力を増強してくれる効果が期待できます。

病院を受診するのはなんとなくハードルが高い…と感じる人も多いと思います。

その点、サプリなら自宅で誰にもバレずに試すことができますよね。

性欲が全くなくなったわけではないし、わずかでもチンコが勃起する場合は一度、増大サプリを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です